読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ばく』の隠遁生活

ひっそりと充実した生活を送りたい、のにドラマチックな人生を送ってます。読書好き。デザイナーの心の中いろいろ。

ブックカバーはヌメ革に限る!!

読書 日記

f:id:double-bind:20150529224703j:plain

photoby:Lori Greig

 

最近、電車通勤時にメールのチェックではなく文庫本を読んでいる。

かれこれ一か月以上続いており、おそらく習慣となった。

 

そうなったきっかけは、本革のブックカバーを購入したことがきっかけだ。

一万三千円のヌメ皮のブックカバーをアウトレット二千四百円で

手に入れたのだ。

これが非常に使いやすい。(ユナイテッドバンブーの品だ。)

 

革の質が良いので、手触りは抜群。同じ素材で作られたしおりもついており

そのしおりを入れるポケットまで折り返し部分にある。

一万三千円のブックカバーを買うなど酔狂だと思っていたが

その値段で買ってもいいと思えるくらい価値のあるブックカバーだった。

ブックカバーはヌメ皮がいい!(もう一枚買っておけばよかった)

 

何よりそのブックカバーは吊革につかまって読むときに程よく開き

持ちやすく、手になじむ。その感覚が快感なのだ。

今週はそんなこともあり、四冊ほど一週間で読了してしまった。

 

岩井志摩子「ぼっけえ、きょうてえ」

西原理恵子「怒涛の虫」

沢木耕太郎深夜特急

やましたひでこ「不思議なくらい心がスーッとする断捨離」

 

かなりライトなチョイスではあるが。このぐらいの読みやすさのものが

通勤にはぴったりだ。

金曜日の夜の帰宅の電車の中で深夜特急を読んでいたのだが

香港のマカオの賭博場にいるような不思議な気分になった。

 

電車の揺れと、本の世界に引き込まれる感覚は

不思議とマッチする。そして今夜は私の好きな、湿度の高い雨の夜だ。

 

本革の小物は好きで、靴やバック、財布まで集めているのだが

このブックカバーが現在一番のお気に入りだ。

本好きとして、非常に気に入るブックカバーを見つけられたことはとても嬉しい。

 

↓のカバーと似ているデザインである。 

 

 ただ調べていたらイニシャル入りもいい。

結構調べるとアマゾンにも本革のブックカバーはあるようだ。

本好きの友人にはこれをぜひプレゼントしたいなぁ。