『ばく』の隠遁生活

ひっそりと充実した生活を送りたい、のにドラマチックな人生を送ってます。読書好き。デザイナーの心の中いろいろ。

穏やかに過ぎた一週間。

今週は、仕事の量が少なく穏やかに過ぎた一週間だった。 習い事の見学にも行けたし。今日は気に入った服を買うことができました。 今ダイエット中なのだけど、チアシードってきくのかしら、 明日、習い事に行くか悩み中だけど(都内はハロウィンで駅がすごそ…

シャンクレールってここなんだ。

仕事帰り、銀座をぶらぶら。 三越のトイレでこってり化粧をしているお姉さま方二名。 野暮用が終わり三越の角をすぐ曲がるとパルプ会館??そんな感じの ホテルみたいなことの前にシャンクレール会場ってあった。 しかもその前で女性二名がまだかなーって。 …

金曜日は友人と会食を。

金曜日は、新しく友人になれそうなお友達と初めてのディナーに行きました。 全然違う仕事、価値観。 その人の人生に意見はできないけど(はまりたての不倫の相談が多かった。) 話を聞くことならできるよ。大事なのは最後まで自分の人生をどう生きるっていう…

【アラサー女子必読?】「うさぎとマツコの往復書簡」を読みました。

「うさぎとマツコの往復書簡」を読みました。というか今読んでます。 まだ途中なのですが、今自分がもやもやしていることと同じようなことが書いてあって 面白いです。 生きていくことは孤独と向き合うことと逃れられないとか。 仕事で評価されたけどその先…

生まれて初めて、イカとその臓物をさばいた。

昨日生まれて初めて、イカをYOUTUBEを見ながら捌きました。 www.youtube.com ↑動画はこれ。漁師の女性。何言ってるのかわからないけどほっこりした気持ちになるしとても手際が鮮やかで気持ちいい。 とっても臓物な感じて、不思議な感触の切り心地。 ぎゅぎゅ…

欲しがらない人生をやめる。幸せが感じられる人生を生きたい。

今週のお題「人生に影響を与えた1冊」 トーキョー無職日記 作者: トリバタケハルノブ 出版社/メーカー: 飛鳥新社 発売日: 2009/01/09 メディア: 単行本 購入: 1人 クリック: 100回 この商品を含むブログ (34件) を見る トーキョー自立日記 作者: トリバタケ…

バイオリズム。

今日は一日休みました。あときない服をごみに捨てました。 先月からかなり仕事が難しく、消耗しています。 でも連休でTT氏が遊びに来てくれているので 楽しくしないと、、、と思っていましたがイライラしてしまい無理でした。 自分の体調に関する感覚が鈍い…

模様替えしました。

なんとなく不調が続いているようなここ最近。 昔から、自分を変えたいと思うタイミングでよく部屋の模様替えをしてました。 自分にとってすごく心を整理する効果があるような気がします。 布団のカバーリングや 部屋の色合いを変えるととってもすがすがしい…

仕事で初叱られ。

夏の疲れを引きずっているのか、ぼんやりしているのと いろいろと行き違いで連絡が入り乱れていたとはいえ私が悪いです。 初叱られです。 大体失敗するときって気持ち的に不安定だったり 体調が悪かったり。 今回は週末色々続いたので単純に疲労。 もっとゆ…

ガッチャマンクラウズ インサイト 見始めました!

以前仕事関係でなじみのあった、 新潟と長岡がアニメの舞台として登場していて 音楽がとにかくカッコイイ!!ので前から気になっていたのだけど、 アイドルマスターシンデレラガールズを最新話まですべて見てしまったので ようやく、こちらに手を付け始めま…

おばちゃん不要論に物申す!

今日電車に乗っていたら、 女の子が貧血で倒れた。 顔色は完全にろうそくの蝋みたいな、真っ青というより真っ白。 周りの人はどうしたんだ!? という雰囲気にはなっていたけれど 「あなた、大丈夫?」 女の子を安静にできるよう座らせて、肩を叩いてあげて …

感覚を研ぎ澄ます~デザインをするときと文字を読むとき~

久々に自分用の日記です。 カッコイイタイトルだが、今日は全くいい仕事ができず 先輩を失望させてしまった気がする。 (もともと無表情な人なのでよくわからないのですが。) かなり苦手分野の仕事でした。 ビジュアルを作るのは好きなのですが文字組。難し…

映画化!『チャイルド44』 (トム・ロブスミス)~ロシアの闇はとても深い~読書感想

photoby:freeparking 忙しくて書評がかけずにいますが 通勤時今月はかなり読了した本や映像がたまってます。まずは一番のおすすめを。 ∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴ チャイルド44 (トム・ロブスミス) 『一言レビュー』 サスペンスが嫌いな人も一…

痔にはバランスボール そしてダイエットを目論む~PCデスクに設置してみた。

photoby:nedim.chaabene デスクワークの人間の職業病・・・・それは痔です。 なんだかもう、普通に存在しているので気にならなくもなってきましたが、 PCデスクにバランスボールを設置してから、痔の調子が良くなりました。 恥ずかしくて隠すとかそういう感…

『高校時代の 恋愛=よくないもの という教育。』-結婚は大学進学よりも難しい?を読んで。

photoby:Tiagø Ribeiro 結婚は大学進学よりも難しい? - ゆとりずむlacucaracha.hatenablog.com この記事を読んで思った つまり結婚を考えているなら学生の時に出会わないと難しくなるという 内容なのだが。 確かにその通りだと思う。特に自由の効く 学生時…

五反田TOC=問屋ビルの『徳の市』で大収穫♪

<a href="https://www.toc.co.jp/" data-mce-href="https://www.toc.co.jp/">TOCビルホームページトップ</a>www.toc.co.jp メーカー・卸売り200社協賛!−TOC夏の徳の市【日程】平成27年6月19日(金)〜6月21日(日)【時間】 6/19 10:00-17:00 6/20 10:00-17:00 6/21 10:00-17:00【会場】 TOCビル B1F・1F・3F・4F・5F・7F・9F・11F・12 ネット…

靴の問屋「馬里奈」のセールに行ってきました。

&lt;a href="http://www.mar-c.jp/" data-mce-href="http://www.mar-c.jp/"&gt;marina / 株式会社馬里奈&lt;/a&gt;www.mar-c.jp 東京の 多摩川駅から徒歩9分。 駅を出るとすぐ広大な公園があり焦りました。 馬里奈、2015夏バーゲン 6月10日(水)~14日(日…

少年Aの手記『絶歌』とホリエモンとマルキドサドのおはなし。

私は『絶歌』を買わない。 山田詠美の『風味絶佳』は買うが。 単純に、彼が過去にした行為を支持しないからだ。 犯罪を犯したその記録を金銭に変えることを私は支持しない。 彼の意志を表明するなら、無料のサービスやウェブメディアはたくさんある。 意思を…

吐くほどダメージのある飯マズの原因!!

今日作った夕飯を食べたところ、思わず嘔吐。 おそらく原因は入れすぎた酒。 この酒は一年ほど会社のロッカーに放置していました。 そのためエアコンの効かないこの環境。たぶん悪くなっていて 匂いがきつい。でももったいないから料理酒にしていました。 こ…

読書感想「壊れても仏像―文化財修復のはなし」(飯泉太子宗)

photoby:tinyfroglet 読書感想「壊れても仏像―文化財修復のはなし」(飯泉太子宗) 壊れても仏像―文化財修復のはなし 作者: 飯泉太子宗 出版社/メーカー: 白水社 発売日: 2009/05 メディア: 単行本 購入: 1人 クリック: 23回 この商品を含むブログ (12件) …

ブックカバーはヌメ革に限る!!

photoby:Lori Greig 最近、電車通勤時にメールのチェックではなく文庫本を読んでいる。 かれこれ一か月以上続いており、おそらく習慣となった。 そうなったきっかけは、本革のブックカバーを購入したことがきっかけだ。 一万三千円のヌメ皮のブックカバーを…

読書感想「八日目のセミ」(角田 光代)

photoby:HAMED MASOUMI 評価 2009年、六年前の作品なのか。とびっくり。角田光代さんの作品を初めて読んだ。 主人公の視点で描かれているが非常に文章がわかりやすく、説明チックでもなく情景が目に浮かぶようだった。 まるで自分が分かれた男に子供を産め…

生活の無駄をなくしてゆきたい。

四月から、新しい職場である。 一か月は何とかやり過ごしたが 連休明け、仕事で何かまずいことが起きているようだ。 何か打ち合わせで人が出たり入ったり。 データの扱い方などまだ新しい職場流に慣れておらず、 おそらく四月の仕事がそろそろ結果が出るころ…

かけることのない月

小さなころは、世界はかけることのない月のように 完璧なものだと思っていた。 かけることの無い月など絵空事であるのに。 小さな世界の中でしずかに息をして、時がみちるのを待っていた。 大人になると、世界はゆがんでいたり、めちゃくちゃだったり 苦しか…

映画感想「モナ・リザ」(1986)

映画 『モナリザ』(Mona Lisa) 今年のクリスマスに見た映画。エロと謎と、破滅的な感じがいい映画でした。 ナットキングコールのモナリザに着想を得て作られていてちょっとレトロな 感じがあっていい。 なぞめいた高級娼婦の秘密と、その女に魅せられたチ…

読書感想「この女」(森絵都)

この女 (文春文庫) 作者: 森絵都 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2014/06/10 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (1件) を見る 評価 話の構成や落ちがしっかりしており、きちんと組み立てて作られていて作家の技量が感じられる。文体も文句無く読みや…

頭痛がひどいです。

ここしばらく、仕事やプライベートで 負担になることが多く、気持ち的に一ヶ月以上落ち込んでいます。 適応障害になったことがあるのですが、その時と同じくらい辛い。 希死念慮もあります。 とりあえず、温泉に行って、頭痛薬とキューピーコーワを飲んでみ…

プロットと人物が素晴らしかった!『その女アレックス』

by:Brent Gambrell 私はミステリはあんまり好んで読まない。 なぜなら、「事件を解決して、それがどーした」と思ってしまうからだ。 謎が解けるまでは面白い、でもこころに何が残る? (ミステリ好きの人本当にゴメンナサイ) だが、それは間違っていたのか…

帰省「する」or「しない」という戦争の解決法

こんにちは。獏です。 数年前より不眠気味で精神状態がナイーブだ。 もう少し我が儘になっていいと言われたのでここに少し吐き出す。 また読書が好きなのでそうした精神生活についてこのブログでは 語っていこうと思う。 :::::::::::::::::…