『ばく』の隠遁生活

ひっそりと充実した生活を送りたい、のにドラマチックな人生を送ってます。読書好き。デザイナーの心の中いろいろ。

【シンクロニシティ】ここ数日の出来事は脳のフィルタリング。

f:id:double-bind:20160110092951j:plain

シンクロニシティ

シンクロニシティwikipediaより)

概説[編集]

カール・ユングによって提唱された: Synchronizitätという概念の英訳である。従来知られていた「因果性」の原理とは異なる、複数の出来事を離れた場所で、同時期に生起させる原理である。

何らかの一致する出来事(何か意味イメージにおいて類似性を備えた出来事群)が、離れた場所で、ほぼ同時期に起きることがある。だが、複数事象が、従来の「因果性」の説明方法ではうまく説明できない場合がある。そうした、同時期に離れた場所で起きる、一致する出来事を説明するためのある種の原理、作用として提示されたのがシンクロニシティである。

ユングは、ノーベル物理学賞受賞理論物理学者ヴォルフガング・パウリと後に1932年から1958年までパウリ=ユング書簡と呼ばれるパウリのとそれに対するユングの解釈におけるシンクロニシティの議論をし、それをまとめて共著とした"Atom and Archetype:The Pauli/jung Letters, 1932 - 1958"(『原子と元型』)を出版している。[1]

同書のユングの説明によると、人々の心(複数の人々の心)にあるファンタズム(夢・ヴィジョン)と主観は同時的に起きているのであって、ファンタズムが起きている時には互いの心に(ファンタズムが)同時的に起きていることに気づいていないが、後になって客観的な出来事が、多かれ少なかれ同時的に、離れた場所ですら起きたと判明することになり、それについて(客観的な出来事が)シンクロ的に起きたのだと確信的に考えることになるという[2]

なお、ユングは様々な著書で、人間の意識同士は実は、集合的無意識(collective unconscious)によって、そもそも交流しているということは述べている。集合的無意識が、人々の、人々の主観的な意識に入ってゆく過程を、ユングは「個性化」と名付けた。またユングは個々の人の意識が集合的無意識へと反映されるプロセスもあるとしている。人の心は表面的には個別的であるかのように見えてはいても、実は根本的には交流しているのだとしているのである。

ユングは、coincidences コインシデンスについても、(その全てではないにせよ、少なくとも一部は)単なる「偶然」によって起きているのではなく、co-inciding(共に、出来事を起こすこと)、と見なしたのである。

[3]

また、スピリチュアルニューエイジの界隈において、何かのサインや呼び寄せた偶然など所謂虫の知らせに近い用法で使われることもある。

 

 

心に余裕ができたので、少し感覚が鋭くなっています。

こういう時にラジオから聞こえてくる音楽、テレビ番組で流れることば

本で読んだ言葉のシンクロニシティ

こういうものに心を動かされて自分の向かう方向を決める人多いと思います。

これはスピリチュアルなでき事に捉えられがちですが

どちらかと言うと、人間は自分の興味のある情報を脳が拾っているだけだと思います。

 

つまり自分の無意識の願望を脳が音や映像や行動で選択しているだけなのです。

こういう時は自分がどんなものに心を動かされるかメモメモしておくと良いです。

自分が表面的には気付いていない、勝手に無理と思ってしまっている、

本当の夢や、やりたいことがわかります。

なので家にこもって意味なく嘆き悲しむよりは

人にあったり、映画を見たり、本を呼んだりしたほうが答えは見つかりやすいです。

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

ここ数日何故かいろんな人から会いましょうという連絡がたくさん来ています。

偶然、、、なんですけどね。(転職の話を人を選んで相談してるので)

 

人に話すと自分の考えが整理されるし、

相手が自分をどのように評価しているかわかって面白いですね。(困ったときほど)

 

まぁ、あまり良い反応がなくてもやっぱり自分の一番身近なパートナーや友人が

まぁ君だったら大丈夫でしょといってくれているので

学生の時ほど悲しんだりはしません。

(こういう困ったときに見下したり失礼な発言をする人いますね)

 

基本的に他人のアドバイスはあまり参考にしてこない方針で生きてきましたが

こういう時の人の反応を見るのもなかなか面白いものだと思います。

個人的に転職コンサルタントから興味のあるジャンルの仕事の個別オファーも思っていたよりも来ていたので・・・・じっくり考えてもいいのかもと思いました。

 

それにしても、自分は腹が立つとパワーが湧いてくる人なのかもって

新しい発見がありました。負けず嫌いだったのか。

 

個人的に思うのは、困ったときの【最初の相談】ってやっぱり自分の身内にしたほうが

いい結果が得られやすいと思います。

(自分の生育歴や、正確、長所を知っているので)

具体的に方向性が定まって、具体的に聞きたいことがある場合は、知らない人に聞くほうがいいかもしれないですが。

 

たまたまの状況、環境で不慮の事故なども起こります。

そこでエフィカシー(自己評価、自己能力評価)が下がっているのに

よくわからない人(いくら偉かったり地位があったりしても)に相談しても

うまく伝えられない人は、第一印象で適当なアドバイスしかもらえません。

 

自分と長く付き合っている友人や、家族、恋人などにまずは相談したほうが

時間の無駄にはならないのかもしれませんね。

就活の時も思ったけどこういう時に、他人が自分に対してどういう感情を抱いているのかがわかって面白いです。

 

私は逞しくて生きるパワーが強いって言われたのが一番面白かったです。

たくましいって・・・・

今年言われたの二人目。

 

私も困ったとき、いろんな人を元気づけてきましたが今回は友人に救われたかな。

いつの間にかこんなに仲良くなれていたのかと嬉しくなりました

(表面の付き合いはうまくこなせるのですが、深く付き合うような友達を作るのに数年かかるタイプなので)

 

何とかするし、なんとかなりそうだし、労働環境も良くなりそうだし、

年収も上がりそうです。

困ったときはまずは状況を調べれば先行きが見えるので心配症の人はいろいろ調べてから休憩してもいいのかも。

 

なんとかするぞー

というのと、こうやって色々動いているうちに次の自分のやりたいことが

じっかりと定まってきた印象があるのであと一息よく考えてみたいと思います。

 

ちなみに今月はスキルアップで講習に行く予定です。

4月を目指して動くか、別の時期で転職を目指すか

・・・それも月末までには決めたいです。

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

話は変わりますが、昨日の朝とても気持ちの良い夢を見ました。

 

イケメンの大富豪が運転するプライヴェートジェットから

ハワイやグアムの海のような美しく青い海にDIVEする夢です。

 

とてもすごい高い空から、エメラルドの海に潜りました。

はじめはびっくりして焦ったんだけど、楽しい雰囲気の中でみんな次々とDIVE!

海に潜って浮かび上がるとみんな笑顔でした。

 

なんと気持ちの良い夢だろう。気持よく目が冷めました。

因みに精神分析学のユングやそれ関係の夢診断だと

吉夢みたいです。生命力の源に楽しい気持ちでDIVEする夢なので。

 

私の無意識や脳もこの出来事を少しづつだけどポジティブに捉え始めています。

私がどんな楽しい世界にこれからDIVE!するのか

楽しみになってきました。少しづつモチベーションを上げていって

オリンピック選手のようにメンタルトレーニングして良い結果を出すぞー。

 

シンクロニシティで検索したら出てきた

ちょっと怪しいけどこの辺も読むと面白いかも

am-our.com